KUWAHARA-KNIT Made in Japan

ホーム商品一覧 > 現場取材レポート
現場取材レポート


うでサポーター その靴下は広島県・備後。
のどかな山村の工場で創られています。

独自に工夫を凝らした編機。

50年に渡り人にやさしい靴下を創りつづけている標狭盛Щ瓠文綣命榛検砲枇標凝弦┿瓠米鸞緻楔綣命娠Α卜昌瓩亙〇稷儷饑賁臍蠱粍の資格も持つ。長年にわたり障害者や高齢者にやさしい靴下を研究されてきた。


靴下創りへのコンセプトは…”靴下は肌の一部ではいていることさえ忘れてしまう程、ふんわりと締め付けないやさしさが必要”というもの。

標鏡宿覆瞭団Г肌と共に伸び肌と共に縮む。はいていることさえ忘れてしまう程の無圧感。その伸縮率は他に類をみない。


サイズフリーであるのに靴下の方が足のサイズにあってくる感じ。
そんな靴下やサポーターなのです。






“ありがとう”と言われる靴下。その特殊な技術はどこから?


うでサポーター標胸瓩慮癖は「すべての答えは現場にしかない」
現場とは実際に自身が考案した靴下を履いて下さる人に他ならない。

様々な介護施設などで自身の創った靴下を履いてもらっては、率直な生の声を聞き改良を重ねてきた。そこから生まれたのが他にまねのできない様々な特許や特殊技術。

要介護の方にやさしい靴下は、健常者にとっても、もちろん抜群にやさしい。だから”ありがとう”と言われる靴下なのです。長時間はくほどそのやさしさを実感する。




古いと言われても時間と手間をかけ続けている理由は・・・


うでサポーター

標競縫奪箸悩遒蕕譴觀げ爾肋赦造了代、日本で多く活躍していた編機。どうしてこのような古い機械を使用されているのかお聞きすると…現代のコンピュータ化された数値制御の編機では作れない、ふんわりとした靴下は古い機械を工夫して作らなければできないからだと言う。

ここにも標胸瓩凌人魂が息づいている。もちろん大量生産は出来ない。

しかし履く人の気持ちになって作られる標胸瓩虜酩覆箸盡世Δ戮靴下は一足一足、手間隙そして心を込めて創られている。

靴下つくりのこだわりは仕上げにもあった。もう今はあまり残っていないという手動式靴下のアイロン(写真左)このアイロンを使って一足一足、人の手で仕上げられていく。温度・湿度・圧など様々な観点から、どうしても手仕上げに勝るものはないと言う。

どこまでも履く人のために・・・
それが標胸瓩侶げ爾里海世錣蝓







“糸の選定から拘りぬいた数少ないMEDA IN JAPAN”


うでサポーター

標競縫奪箸覗呂蕕譴觀げ爾筌汽檗璽拭爾六紊料定から徹底的に拘りぬかれている。大量生産されている糸はあまり使用しない。ふんわり感を出すために独自に選定された糸を小ロットで染色し材料が出来る。

そして編むのはもちろん際立った職人技術がなければ使いこなせない編機。だから大量生産はできない。しかし一足一足手間隙かけて創られていく。数少ない日本に誇る靴下製造技術の結晶ともいうべき製品なのです。






古くて新しい・・・本物の作品をあなたへお届けするために。


うでサポーター

私自身、少し足がむくみがちで夜靴下を脱ぐと足がかわいそうな位の靴下のゴムの後が!

しかし標競縫奪箸覗呂蕕譴新げ爾鬚呂い親はこのゴムの跡がほとんどないのです。もちろん足が本当に楽なのです。感動さえしました。

この作品とも言うべき標競▲ぅ謄爐凌堯垢蓮△泙世泙世曚箸鵑秒里蕕譴討泙擦鵝しかし・・・多くの方がこの本物の作品を求めていると確信し株式会社興和堂は2014年標競縫奪箸虜酩覆糧稜笋魍始致しました。

”ありがとう”と言われる靴下をひとりでも多くの方に体感して頂きたいと願っています。

2014年11月18日
株式会社興和堂
通販事業部 統括責任者 村上 隆












(有)標競縫奪叛宿覆里完篤



無圧パイル靴下 ストッパー付靴下
ローゲージ靴下 ローゲージカラフル
うでサポーター うで・のびるサポーター
あしサポーター あし・のびるサポーター